耳寄り情報 詳細
  掲載日●2018年7月9日●情報提供:東田さん(アドバンスソフト(株))
 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
■2018年7月27日(金)開催
音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise最新動向セミナー
 http://www.advancesoft.jp/event/20180727seminar.html
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Advance/FrontNoiseは並列計算による高速な大規模解析を実現した
音響解析ソフトウェアです。また、お客さま専用の機能カスタマイズが
可能なソフトウェアです。

今回のセミナーでは、
Advance/FrontNoiseを使った連成解析をご紹介します。

お客さまの構造音響連成解析の事例として、公益財団法人鉄道総合技術研究所様から
「打音調査を対象とした音響解析-トンネル維持管理への活用-」をご講演いただきます。
また、当社から圧力変動を音源とする流体音響連成解析の事例をご説明いたします。

さらに、「ご紹介セミナー」として
音響解析ソフトウェアの導入を検討されている方に参考となるような、
基本的な検証問題の解析結果をお話しいたします。


【開催要項】
  テーマ :音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise最新動向セミナー
  日 時 :2018年7月27日(金) 13:30〜16:40 (開場:13:10)
  場 所 :関東ITS市ヶ谷健保会館(東京都新宿区市谷仲之町4-39)


【プログラム】

1.「アドバンスソフト株式会社の紹介 主催者あいさつ」
代表取締役社長 松原 聖
      13:30〜13:40(10分)

2.「音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoiseの機能のご紹介」
   主管研究員 徳永 健一
      13:40〜14:10(30分)

3.「音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoiseの基本検証解析結果のご紹介」
   主事研究員 田之上 文彦
      14:10〜14:40(30分)

休憩   14:40〜15:00(20分)

4.「ユーザー様ご活用事例 打音調査を対象とした音響解析-トンネル維持管理への活用-」
   公益財団法人 鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部
   トンネル研究室 嶋本 敬介様
      15:00〜15:40(40分)

5.「音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoiseの流体音響解析事例のご紹介」
   主事研究員 田之上 文彦
      15:40〜16:10(30分)

6.「汎用プリポストプロセッサ Advance/REVOCAPのご紹介」
   主管研究員 徳永 健一
      16:10〜16:30(20分)

7.「価格および関連サービスの紹介、質疑応答」
   営業部 東田 想太
      16:30〜16:40(10分)

※プログラムは変更となる可能性がございます。


【募集要項】
  定 員 :50名(先着順、定員にて締め切りとさせていただきます。
  お早めにお申し込みください。)
  参加費用:無料

◆------------------------------------------------------------
【お申し込み】
*お申し込みは下記項目にご記入いただき、このまま返信メールにてお送りください。
  E-mail: office@advancesoft.jp

  セミナー参加申し込み:
  2018年07月27日(金)開催
  「音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise最新動向セミナー」
  貴社(校)名:
  ご所属:
  役職:
  ふりがな:
  ご氏名:
  〒:
  住所:
  TEL:
  FAX:
  E-mail:
  通信欄:
◆------------------------------------------------------------

【お問合せ先】
アドバンスソフト株式会社 営業部 東田 想太
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台四丁目3番地 新お茶の水ビルディング17階西
TEL:03-6826-3971 FAX:03-5283-6580
E-mail:office@advancesoft.jp
URL:http://www.advancesoft.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  掲載日●2018年7月9日●情報提供:山口さん((公財)計算科学振興財団)
 ◆◇◆◇----------------------------------------------------------------------◆

スパコン産業利用セミナー2018 〜他社事例に学ぶ企業のシミュレーション技術活用〜
  https://www.j-focus.or.jp/event_seminar/seminar20180724.html

◆----------------------------------------------------------------------◇◆◇◆

計算科学振興財団(FOCUS)では、この度、企業の技術者やシミュレーション技術を導入したい
中堅・中小企業の経営者層を対象に「スパコン産業利用セミナー」を神戸で開催いたします。
セミナーでは、企業の現場におけるシミュレーション技術の活用方法や成果を得るまでの取組み
など、各社における事例を紹介します。

下記ご参照の上、セミナー参加をご検討頂けますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------
【日 時】 7月24日(火)13:30〜17:30 (受付・展示 12:30〜)
【場 所】 神戸商工会議所会館 3階 神商ホール http://www.kcci-convention.com/map/
【主 催】 公益財団法人 計算科学振興財団(FOCUS)、神戸商工会議所
【対 象】 企業の技術者、シミュレーション技術を導入したい中堅・中小企業の経営者層
【参加費】 無料  【定 員】100名
--------------------------------------------------------------------------------

【講演プログラム】
 ■特別講演 「液体ロケットエンジン開発における数値シミュレーション技術の活用」
          国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 研究開発部門 
          第三研究ユニット 主任研究開発員 根岸 秀世 氏

 ■事例講演1 「高速道路ネットワークレベルの地震リダンダンシー評価の試み 
          〜スマートハイウェイシミュレーター(仮称)の基盤開発〜」
          阪神高速道路株式会社 建設・更新事業本部 神戸建設所 
          所長 金治 英貞 氏

 ■事例講演2 「高精度エックス線治療装置を設置した医療施設における遮へい設計の
          最適化 〜建設コスト削減に向けて〜」
          近畿大学 総合社会学部 総合社会学科 大学院総合文化研究科
          准教授 小川 喜弘 氏

 ■事例講演3 「ワイヤレス電力伝送による漏えい電波の環境解析」
          株式会社パナソニックシステムネットワークス開発研究所
          技術センター 主任技師 穴田 雅之 氏

 ■事例講演4 「FOCUSスパコンを利用したスピン洗浄装置の気流解析」
          芝浦メカトロニクス株式会社 技術本部 研究開発グループ
          解析グループ 主査 山崎 修 氏

【詳細プログラム】https://www.j-focus.or.jp/event_seminar/seminar20180724.html

【申込み方法】参加お申込みフォームよりお申し込みください。↓
       https://www.j-focus.or.jp/ts/sem2018-entry/

【企業展示】以下の企業・団体が展示を行ないます。(12:30〜セミナー終了時間)
--------------------------------------------------------------------------------
 アドバンスソフト(株)/(国研)宇宙航空研究開発機構/(株)ヴァイナス/(一財)高度情報
 科学技術研究機構/神戸医療産業都市 /(株)CAEソリューションズ/シーメンスPLM
 ソフトウェア/(株)爆発研究所/(公財)ひろしま産業振興機構 ひろしまデジタルイノベー
 ションセンター
--------------------------------------------------------------------------------

【問合せ】公益財団法人 計算科学振興財団 普及促進グループ
     Email: seminar[at]j-focus.or.jp([at]を@に変更してください)
     T E L: 078-599-5024
  掲載日●2018年7月9日●情報提供:石川さん((株)テラバイト)
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━…━━…━━…━━…━━…━┓
 筋骨格モデリングシステム
 AnyBodyフォーラム東京2018 開催のご案内 【参加費無料】
 (株)テラバイト
┗━…━…━…━……━━━━━━━━━━━……━…━…━…━┛
┌┐
└■ AnyBodyテクノロジー社 株式会社テラバイト主催
   AnyBodyフォーラム東京2018 開催

今年も恒例の AnyBodyフォーラム東京2018 を開催します。
デジタルヒューマン研究の国内第一人者による基調講演とAnyBody
開発者によるテクニカル・ノート、ベンダー&ユーザー講演で構成
される筋骨格バイオメカニクス解析ソフトの技術交流イベントです。

皆様のご参加をお待ちしております。

 ◆ 開催要綱 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  日  時 :2018年8月2日(木) 10:20-20:00(懇親会 18:00-20:00)
  会  場 :浅草橋ヒューリックカンファレンス 
        〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 
        JR総武線 「浅草橋」駅 歩1分 
        都営浅草線 「浅草橋」駅 歩2分 
  定  員 :100 名  
  費  用 :無 料(セミナー/懇親会)
        ※ご参加をご希望の方は事前登録をお願いします
        ※同業者の方はご相談ください
  申  込 :以下の専用サイトからお申し込みください 
        http://www.terrabyte.co.jp/18_Event/ABFT.htm
 登録締切:2018年7月27日(金)

 ◆ プログラム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 09:40-10:20 受付 (3F  Room0)
 10:20-10:30 開会のご挨拶
 10:30-11:30 基調講演『ランニング用義足の研究開発とアスリート支援』
         産業技術総合研究所 主任研究員 保原浩明 様
 11:30-12:00 AnyBodyビジネス・ロードマップ
         AnyBodyテクノロジー
 12:00-13:30 昼食(お弁当をご用意します※2)
 13:30-15:00 バイオメカの個人モデルと人口統計モデル
         オールボー大学教授 ジョン・ラスムセン
 15:00-15:30 体内埋込型歩行アシストサイボーグ実現のための検討
         信州大学繊維学部 准教授 小関道彦 様
 15:30-16:00 スポーツ工学分野における用具の評価事例
         工学院大学工学部 准教授 田中克昌 様
 16:00-16:20 休憩
 16:20-17:20 動きから体の内部の力を探る- AnyScript活用事例の紹介
         (株) テラバイト 菊池俊彦
 17:20-17:50 動作解析サービスのご紹介
         (株) テラバイト 辻和志
 17:50    閉会
 18:00-20:00 懇親会 (3F Room1)

※詳細は以下の専用サイトでご案内しています
http://www.terrabyte.co.jp/18_Event/ABFT.htm

※2 セミナー事前登録の際に、昼食のお弁当(無料)をお申込みください。

申込後に受付完了メールが届いたお客様は申込が受理されています。
数日たっても受付完了メールが届かない時は下の問合窓口までご連絡ください。

◆ お問合せ ━ ━ ━━━━━━━━━━━━━━━ ━ ━ ━━ ━━━╋

お問合先:株式会社テラバイト AnyBodyフォーラム事務局 辻
〒113-0034 東京都文京区湯島3-10-7 NOVビル5F
TEL(03)5818-6888 / FAX(03)5818-6889
URL  http://www.terrabyte.co.jp
筋骨格モデリングシステム 『AnyBody』
URL http://www.terrabyte.co.jp/AnyBody/anybody_1.htm
◇ CAE技術者人材派遣サービス 【株式会社テラサービス】
URL http://www.terrabyte.co.jp/terraservice/Company.htm


株式会社テラバイト | 〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目10番7号 NOVビル5F

 掲載日●2018年7月9日●情報提供:小澤さん(アドバンスソフト(株))
 公益財団法人 計算科学振興財団(FOCUS) 様主催、当社技術者講師による、可視化ソフトウェアParaView利用講習会を開催いたします。

■詳細/お申込みはこちらから ↓↓
https://www.j-focus.jp/lectures/currently_accepting/paraview2018/

----------------------------------------------------------------

「平成30年度 可視化ソフトウェアParaView利用講習会」 開催概要

【主催】 公益財団法人 計算科学振興財団


【後援】 アドバンスソフト株式会社(予定)


【場所】 高度計算科学研究支援センター(計算科学センタービル)2F


【日時】 9月7日(金)


【概要】
オープンソースソフトウェアのParaViewを利用して、構造解析、流体解析、音響解析の結果を可視化する方法を実習形式で学びます。
これから使ってみようという方、使いこなすための情報が不足していて困っている方は受講をご検討ください。
また、FOCUSスパコンで計算するような大規模な結果を可視化する方法についてもご紹介します。


【プログラム】
13:00-13:30 1.概要説明、一通りの操作方法の説明
13:30-14:40 2.解析結果をもとに可視化機能の紹介(流体、構造、音響、粉体)
14:40-15:00  〜休憩〜
15:00-15:20 3.配色の調整方法
15:20-15:40 4.代表的なソースおよびフィルターの使い方
15:40-16:00 5.スクリプト、マクロ機能の活用
16:00-16:30 6.ParaViewのクライアントサーバーでの利用方法
16:30-17:00 7.各自応用問題の取り組み、質疑応答


【各プログラム概要】
1.概要説明、一通りの操作方法の説明(座学)
ParaViewの入力画面や使用できるファイル形式、ParaViewファイルの保存方法などの概要を説明します。

2.解析結果をもとに可視化機能の紹介(流体、構造、音響、粉体)(実習)
FEM解析やCFD解析など、ParaViewを使用されるお客様の用途は様々です。
ここでは、代表的な結果の表示方法を実習していただくことにより、解析の種類によらず使用できるポスト処理の
手順を学習していただきます。

  1.構造解析結果の可視化
   コンター図出力
   変形図の表示
   断面図の描画
   線分上の値のプロット

  2.流体解析結果の可視化
   ベクトル図の表示
   流線ベクトルの表示

  3.音響解析結果の可視化
   Calculatorの使い方
   等値面の描画

  4.粉体解析結果の可視化
  連続ファイルの読み込み
  注釈時間フィルターの使い方
  アニメーションの作成

3.配色の調整方法(座学・実習)
カラーマップエディタの使い方
凡例の調整方法
背景色の変更

4.代表的なソースおよびフィルターの使い方(座学・実習)
ParaViewには、より高度なポスト処理を実現するための様々な機能が含まれております。
ここでは、その一部をご紹介させていただきます。

5.スクリプト、マクロ機能の活用(座学・実習)

6.ParaViewのクライアントサーバーでの利用方法(実習)
 ParaViewではクライアントサーバーの設定を行うことにより、 計算機で計算した結果ファイルを移動することなく、手元のパソコンでポスト処理を実施することが可能です。
ここでは、FOCUSをサーバーとしてポスト処理を行う方法をご紹介します。

※プログラムの進行状況により、当日若干の変更が加わる場合がございます。
※ParaView Ver5.0を使用します。


【定員】 20名(先着順)


【受講料】 FOCUS賛助会員 48,000円 (税抜)
         一般 60,000円 (税抜)

【受講申込締切】 9月4日(火) AM10:00
----------------------------------------------------------------
 掲載日●2018年7月9日●情報提供:秋元さん(エムエスシーソフトウェア(株))
 
   「MSC Apex 体験セミナー」7月〜9月開催スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MSC Apexではモデルを直感的操作で自由に編集、作成でき、即座に解析実行が可能です。
MSC ApexソルバーはMSC Nastranのソルバーテクノロジーを搭載しており、信頼性の
高い解析結果を得ることができます。さらにアセンブリモデルの再解析に対して
効率的に結果を得ることができるテクノロジーも搭載しております。
この為、MSC Apex環境内で解析の結果を即座に確認しながら製品の性能検討を
効率的に行うことができます。

また、中立面モデル、ヘキサメッシュ、複合材モデルなど、さまざまな解析モデルを
効率的に作成でき、モデリングにかかる時間を大幅に短縮できます。
作成したモデルの出力に関しては、MSC Nastranバルクデータ形式での出力と形状
データの出力をサポートしておりますので、モデリングツールとしてもご活用
いただけます。

最新バージョンのHarris Hawkでは様々な新しい機能が搭載され、大幅な操作性の
向上もはかられています。
本セミナーでは、MSC Apex の基本的な機能紹介と操作体験を行っていただきます。
是非ご参加いただけますようご案内申し上げます。

【開催概要】

 ◇開催日時/会場
   7月13日(金) 大 阪:弊社大阪営業所トレーニングルーム
   7月27日(金) 東 京:東京本社トレーニングルーム
   8月17日(金) 名古屋:弊社名古屋営業所トレーニングルーム
   9月 7日(金) 大 阪:弊社大阪営業所トレーニングルーム
   9月19日(水) 東 京:弊社東京本社トレーニングルーム

  ※各会場とも10:00〜17:00(9:30より受付開始)
  ※定員:各会場とも 5名

 ◇プログラム
   ・MSC Apex概要紹介
   ・MSC Apexの基本操作
   ・ソリッドモデルの形状修正
   ・サーフェスモデルの修復
   ・ヘキサメッシングと分割数の指定
   ・抑制によるソリッドメッシュの品質改善
   ・アセンブリモデルの静解析
   ・アセンブリモデルの固有値解析
   ・周波数応答解析

 ◇参加費用:無料(事前登録制)

■ 詳細/お申し込みはこちらから↓↓
http://pages.mscsoftware.com/MSC_Apex_2018_hands-on_main_2.html

■ お問い合わせ
エムエスシーソフトウェア(株)マーケティング部
TEL:03-6911-1218 E-mail:mscj.market@mscsoftware.com

 掲載日●2018年7月2日●情報提供:椎名さん(自動車技術に関するCAEフォーラム)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 産学連携フォーラム
『自動車技術に関するCAEフォーラム 2018 in 名古屋』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【基調講演1】
「電動車社会へ向けての三菱自動車の取組み」
 三菱自動車工業
 EV・パワートレイン技術開発本部
 チーフテクノロジーエンジニア(CTE)
 百瀬 信夫 氏

【基調講演2】
「自動運転自動車の市街地における公道走行実証実験の現状と課題」
 金沢大学
 新学術創成研究機構 未来社会創造研究コア 自動運転ユニット 
 ユニットリーダー 准教授
 菅沼 直樹 氏

★詳細情報:登録はこちらから★(事前登録制・参加費無料!)

https://b-event.impress.co.jp/event/cae201808/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度、名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ領域、名城大学、
日本大学生産工学部自動車工学リサーチ・センターは2018年8月8日(水)
に『自動車技術に関するCAEフォーラム 2018 in 名古屋』を開催します。

中部地区での開催は今年で2回目となる本フォーラムですが、
今年はセミナープログラムを2トラック、全6カテゴリーにて構成しました。

特に、中部以西の自動車エンジニア・研究者・学生の皆様に、
自動車CAEに関わる最新のトレンド・製品技術について理解を深めていただき、
新しい時代に向けた自動車CAE技術の現状や課題、また可能性にについて
共に考えていただく場として、ご提供させていただきます。

各講師の協力のもと、全ての講演で質疑応答も行う予定です。
皆様のご参加をお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------

【開催概要】
 主催: 名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ領域
     名城大学
     日本大学生産工学部自動車工学リサーチ・センター

 日時: 2018年8月8(水)講演会:9:00〜18:20(受付開始:8:30)
            展示:10:00〜16:50
            情報交換会:18:35〜19:50(有料)

 会場: ウインクあいち 小ホール(名古屋)

 参加費: 無料(事前登録制)

 参加対象:自動車メーカー(二輪車、バス、トラック、建機他)、
      サプライヤー、研究者、学生
 ※申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。


★詳細情報:登録はこちらから★
https://b-event.impress.co.jp/event/cae201808/index.html

---------------------------------------------------------------------

【プログラム】

<基調講演>
■「電動車社会へ向けての三菱自動車の取組み」
 三菱自動車工業
 EV・パワートレイン技術開発本部
 チーフテクノロジーエンジニア(CTE) 百瀬 信夫 氏

■「自動運転自動車の市街地における公道走行実証実験の現状と課題」
 金沢大学
 新学術創成研究機構 未来社会創造研究コア 自動運転ユニット 
 ユニットリーダー 准教授
 菅沼 直樹 氏

----
<招待講演> 

■概念・構想設計CAE
 「複数性能を考慮したCFRP車体構造の最適化CAE」
  日産自動車 山岸 道弘 氏

■構造・設計CAE
 「ゴムの非線形粘弾性材料構成則に基づく低自由度ブッシュモデル」
  トヨタ自動車 鈴木 大地 氏

■生産加工CAE
 「SKYACTIVエンジン製造におけるモノ造り革新の継続的進化」
  マツダ 池田 雄一郎 氏

■ADASを支えるCAE
 「“ぶつからないクルマ?” スバルが生んだアイサイトの秘密」
  SUBARU 樋渡 穣 氏

■ 機能設計CAE
 「車両運動性能分野におけるSUBARUのモデルベース開発の紹介」
  SUBARU 林 憲孝 氏

■CFD(Computational Fluid Dynamics)
 「自己学習型アルゴリズムを用いた熱流体CAE最適化の取り組み」
  三菱自動車工業 伊藤 篤 氏

----
<パネルディスカッション>

■「クリエイティブな人材を育成するためには
  〜多様な立場の産学のエキスパートが徹底討論〜」

 (パネリスト)
 横浜国立大学大学院 教授 于 強 氏
 株式会社本田技術研究所 樋口 英生 氏
 株式会社 日立製作所 山崎 美稀 氏

 (モデレーター)
 日本大学 教授 景山 一郎

----
<情報交換会>18:35-19:50
 参加費4,000円 ※定員制により締切る場合がございます。


★詳細情報:登録はこちらから★
https://b-event.impress.co.jp/event/cae201808/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ
「自動車技術に関するCAEフォーラム 2018 in 名古屋」事務局
株式会社インプレス内 電話:03-5510-4079
E-mail:car-caeforum@impress.co.jp
 掲載日●2018年7月2日●情報提供:八塚さん(インターメッシュジャパン(株))
 
           インターメッシュジャパン株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         シーメンス製品 講習会のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月度に開催を予定している、シーメンス株式会社製品に関する
定期講習会のご案内です。

本講習会では、初めてFemapを使用する方から、機能を再確認したい方を対象に、
Femapの概要とFemapでのジオメトリ作成、メッシュ作成、ポスト処理などといった
Femapの使用方法を、演習問題を交えながら学ぶことができます。

7月は下記の日程で開催予定です。
皆さまの多数のご参加をお待ちしております。

□■■開催概要■■□

 7月18日(水)・19日(木):Femap講習会(基礎編)
        (Femapの概要とジオメトリ作成、メッシュ作成、ポスト処理などの使用方法)
        ⇒http://www.intermesh.co.jp/training/femap-training-bsc.html?dt=201806&pd=fem&fr=4

■定  員:5名まで

■開催場所:インターメッシュジャパン株式会社
      〒651-0086
      兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル10F
      最寄駅 各線三宮駅下車 徒歩5分
      ※オンサイト可

■申込期限:開催4営業日前の17:00までにお申込ください

■詳細:URLをご確認ください

※予告なくセミナーの内容が変更になる場合がございますので、ご了承ください。
 掲載日●2018年7月2日●情報提供:笠島さん(アルテアエンジニアリング(株))
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <日野自動車様、アシックス様、三井住友建設様ご講演>
  デザインとテクノロジーの交差「Converge 2018」開催のご案内
      http://www.altairjp.co.jp/converge2018
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年8月3日(金)、アルテアエンジニアリング株式会社は『Converge 2018』を
開催します。本イベントでは、デザインとテクノロジーの交差(Converge)をテーマに、
ユーザー様である

・日野自動車株式会社様
・株式会社アシックス様
・三井住友建設株式会社様

にご登壇いただくほか、協力会社様による展示を実施します。また、講演後の懇親会も、
講演者および出展者とお客様同士の交流を深める場としてご活用ください。

意匠デザイナーの想いを完成品につなげる過程や、トポロジー最適化などのシミュレー
ション技術と従来のデザイン手法との融合など、当イベントならではの刺激的な内容と
確信しております。意匠デザインを含むモノ作りにCAE技術を取り入れる新たな設計へ
ご興味をお持ちのお客様はぜひご参加ください。

●日 程:2018年8月3日(金)

●会 場:KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館

●参加対象:デザイン・設計部門のお客様、意匠デザインを含むモノ作りにCAE技術を取り入れる新たな設計へご興味をお持ちのお客様、報道関係者

●主 催:アルテアエンジニアリング株式会社

●参加費:無料(事前登録制)

▼タイムテーブル・お申し込み▼
http://www.altairjp.co.jp/converge2018

【お問い合わせ】
アルテアエンジニアリング株式会社 マーケティング部
03-6225-5816        

 掲載日●2018年7月2日●情報提供:坂本さん(日本イーエスアイ(株))
 □■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■        鋳造解析セミナー
〜鋳造解析と最新の熱応力解析技術〜

         ↓↓プログラムはこちら↓↓
https://www.esi-group.com/jp/company/events/2018/cast_seminar
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018 年7月27日(金)に、「鋳造解析セミナー 〜鋳造解析と最新の熱応力解析技術〜」を
開催する運びとなりました。
本セミナーは、鋳造解析の中でも特に「応力解析技術」をテーマとした内容となっており、
基調講演として早稲田大学 創造理工学部 吉田教授より、実験や物性測定を交えた応力解析に
関する取り組みについてご講演をいただく予定です。
また ESI からは、海外における鋳造解析最新事例および応力解析の応用的な事例等、ESI の
提供する鋳造解析ソフトウェア ProCAST によるデモンストレーションと合わせてご紹介させて
いただきます。
是非この機会にご参加頂きますよう、謹んでお願い申し上げます。

◆◆◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆◆◆



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ プログラム
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

13:30-13:40 開会あいさつ

13:40-14:40 鋳造における熱応力解析の事例紹介
【基調講演】〜鋳造実験と物性・特性測定による構成式の構築、計算結果との比較〜
               早稲田大学 創造理工学部・研究科 総合機械工学科 
               輸送機器・エネルギー材料工学研究室
吉田 誠 教授

14:40-15:10 ProCASTによる応力解析とその適用
【英】       ESI Group Badarinath Kalkunte

15:10-15:30 休憩

15:30-16:00 ProCASTでの応力解析設定のデモンストレーション
日本イーエスアイ株式会社 岩田 彩

16:00-16:30 応力解析と疲労解析の実機適用事例
【英】 ESI Group  Badarinath Kalkunte

16:30-17:00 質疑応答


※ 【英】の講演は、日本人スタッフが逐次通訳させていただきます。
※ プログラム内容は変更することがあります。予めご了承ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 開催概要
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時 2018年7月27日(金) 13:30〜17:00(受付 13:00〜)
◆場所 AP品川 D ROOM
〒108-0074 東京都港区 高輪3丁目25-23
◆費用 無料  ※ 事前お申込が必要となります 
◆定員 30名  
◆申込 弊社ウェブサイトよりお申し込み下さい。
https://www.esi-group.com/jp/company/events/2018/cast_seminar

◆お問合せ    
日本イーエスアイ株式会社 営業本部 
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー28F
TEL : 03-5331-3830  Email :marketing@esi.co.jp
 
 掲載日●2018年7月2日●情報提供:川原さん((株)構造計画研究所)
 株式会社 構造計画研究所では、設計者の皆様への熱流体解析ソフトFloEFD(http://www.sbd.jp/product/netsu/floefd.shtml)の導入・活用に15年以上携わり、国内外で2000を超えるお客様にご活用いただいております。

この度、7月に『FloEFDフォーラム-フロントローディングCFDの最新動向と今後の展望-』を開催致します。

フロントローディングCFDの活用にご興味のある方、
熱流体解析ツールや実測を用いた熱設計効率化に課題をお持ちの方、
FloEFDをさらに活用されたい方は是非ご参加ください。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

◇◆FloEFDフォーラム 開催概要◆◇
========================================================
◆日時:
【名古屋】2018年7月25日(水) 13:00〜17:20
【東 京】2018年7月27日(金) 13:00〜17:20(17:30〜懇親会※東京開催のみ)
◆場所:
【名古屋】ウィンクあいち 12階 1203
【東 京】株式会社 構造計画研究所
◆参加費:無料(要事前予約↓)
◆Webページ:http://www.sbd.jp/news/floefd_forum2018.shtml
◆定員 各会場60名(先着順)
========================================================

◆◇ 13:40-15:10 基調講演 ◆◇

FloEFD開発元プロダクト統括ディレクターによる招待講演【逐次通訳付き】
『FloEFD - Frontloading CFD』

Mentor Graphics 社
Mechanical Analysis Division Product Line Director
Alexander Sobachkin氏

内容:
・フロントローディングCFDを使用した設計プロセスの変更の成功例
・FloEFDの将来展望と競争との差別化
・SiemensグループのCFDソフトとしてのFloEFDの今後の展開
・長期的な今後の開発ロードマップ
・日本の製造業で設計者CFDがより拡大、浸透する為にFloEFDが実現できること


◆◇ 15:20-15:45 技術セッション@◆◇
FloEFD製品概要・最新機能と事例のご紹介

構造計画研究所

◇◆ 15:50-16:30 FloEFD事例講演◆◇
『生産技術分野でのFloEFD を活用した取組み』

株式会社ユニバンス
商品開発部商品設計グループ
藤田 直裕 様

◇◆ 16:30-17:10 技術セッションA◆◇
『CFDの高精度化に向けた電子部品の発熱量測定装置開発』

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター
アクチュエーション事業統括部 設計ソリューション開発部 開発2課
課長 伊豫田 真 様

◆講演詳細,お申込み:http://www.sbd.jp/news/floefd_forum2018.shtml

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃<お問い合わせ先>
┃(株)構造計画研究所 SBD営業部 セミナー担当 川原
┃ 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
┃ TEL:03-5342-1051 FAX:03-5342-1055
┃ E-mail: sbdseminar@kke.co.jp
┃ URL: http://www.sbd.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



Copyright (C) 2001-2018 NPO法人CAE懇話会 All Rights Reserved.